BNCTって何?

ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)は、エネルギーの低い中性子とがん細胞・組織に集積するホウ素化合の反応を利用して、がん細胞をピンポイントで破壊する、身体への負担が少ない最先端の放射線がん治療法です。



BNCTとは、Boron Neutron Capture Therapy の略称です。

● ホウ素(Boron) BNCTで使用するホウ素は、体に害のないものを使用しています。ホウ素は、皆さんの身近なものでは、うがい薬や目の洗浄剤にも使われています。

● 中性子(Neutron) 中性子は、原子核を構成する粒子の1つです。BNCTでは、中性子の工ネルギーを小さくして体への影響を少なくして使用しています。


 
BNCTは放射線がん治療法

BNCTは最先端の放射線がん治療法の1つです。

ホウ素に中性子を当てると、細胞1つ分程度の距離しか飛ばない粒子(アルファ線とリチウム粒子)が発生します。

この原理を利用して、ホウ素をがん細胞に取り込ませてがん細胞だけを破壊します。


 
BNCTにはどんな特長があるの?
身体にやさしい治療法
ホウ素と中性子の反応で発生する放射線は、飛ぶ距離が細胞1つ分程度と短いものです。
正常な細胞への影響を極力仰えつつ、がん細胞だけを破壊します。
そのため、正常な臓器には傷をつけず、生活の質を維持したままの治療が可能です。
治療が難しいがんにも効果的
理論上、ホウ素を取り込んだがん細胞だけを破壊できるため、外科手術や他の放射線治療が難しいがん(がん細胞と正常細胞が混在する脳腫瘍)などにも効果的です。
1〜2回の照射で完了
BNCTでは、正常細胞への影響が少ないため、1回に大量の中性子を照射することができます。
そのため、治療は1〜2回の照射で完了します(X線治療等は20回〜30回の照射が基本です)。
緩和ケアとしても有効
X線治療等に比べて短期間でがん細胞を破壊することが期待できます。そのため、がん細胞が体の痛みの原因となっている場合の緩和ケアとしても有効です。

BNCTを受けるとどうなるの?

BNCTは、正常細胞への影響が少なく、がん細胞だけを破壊します。
下の写真は、BNCTでがん(耳下線がん)を治療した実例です。(大阪大学歯学部加藤逸郎先生提供)