BNCTって何?

ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)は、エネルギーの低い中性子とがん細胞・組織に集積するホウ素化合の反応を利用して、がん細胞をピンポイントで破壊する、身体への負担が少ない最先端の放射線がん治療法です。



BNCTとは、Boron Neutron Capture Therapy の略称です。

● ホウ素(Boron) BNCTで使用するホウ素は、体に害のないものを使用しています。ホウ素は、皆さんの身近なものでは、うがい薬や目の洗浄剤にも使われています。

● 中性子(Neutron) 中性子は、原子核を構成する粒子の1つです。BNCTでは、中性子の工ネルギーを小さくして体への影響を少なくして使用しています。


 
BNCTは放射線がん治療法

BNCTは最先端の放射線がん治療法の1つです。

ホウ素に中性子を当てると、細胞1つ分程度の距離しか飛ばない粒子(アルファ線とリチウム粒子)が発生します。

この原理を利用して、ホウ素をがん細胞に取り込ませてがん細胞だけを破壊します。


 
BNCTにはどんな特長があるの?

BNCTは、正常細胞への影響が少なく、がん細胞だけを破壊します。
下記の写真は、BNCTでがん(下顎歯肉がん)を治療した実例です。