BNCTとは

 

 

ホウ素中性子捕捉療法

BNCTとは、Boron Neutron Capture Therapyの略で、ホウ素中性子捕捉療法と訳されます。

中性子とホウ素との反応を利用して、従来の治療法と比較して正常細胞への影響を抑えながら、ホウ素薬剤を選択的に取り込みやすいがん細胞を死滅させる治療法です。

現在は臨床研究の段階です。

がん細胞と正常細胞が混在している悪性度の高い脳腫瘍をはじめとする難治性のがんに特に効果的と考えられています。


従来のBNCTは中性子を取り出すのに実験用原子炉を使って行われていましたが、当センターのBNCTは原子炉ではなく、加速器(サイクロトロン)で中性子を生成するため、病院内に設置することができるようになりました。
このため、今後BNCT普及の第一歩となることが大いに期待されています。


〉加速器BNCTの治療原理 
   

ホウ素中性子捕捉療法の特徴(通常の放射線治療との違い)

難治性癌の新しい治療法

浸潤がん、多発病変、再発がん、放射線抵抗性がん、手術不適応症例、放射線治療不適応症例などへの順次適応拡大が予想されます。
体への負担が少なく、QOL(生活の質)の高い治療法

治療は、1回のみの照射(照射時間約30分)で完了。
切らずに治療が可能。
従来の放射線と比べて、正常細胞への影響を抑えながらがん細胞を選択的に破壊する。
事前に薬剤の適応判断が可能。
細胞単位のピンポイントでおこなう治療法

通常の放射線の3倍の威力をもっアルファ線とリチウム粒子が、ホウ素を取り込んだがん細胞のDNAらせんを損傷。